1. 健康食品

なたまめ茶

  1. 健康食品

なたまめ茶

滋養豊かに育った「なたまめ」の健康茶

「薩摩なたまめ」をはじめとする健康素材を凝縮し、風味豊かな健康茶として仕上げたマイケアの『なたまめ茶』。
なたまめ以外にも、鳩麦、黒豆、赤芽柏、桑の葉といった国産原料のみを使用し、季節に合わせた焙煎を加えました。
他の原料を一緒にすることで、なたまめの特徴をより引き出し、お子様からご年配の方まで美味しくお飲みいただける独自ブレンドにこだわっています。

商品画像

1日の目安

ティーバッグ1〜2包

3g x 30包

刀豆(種子、サヤ、ツル葉)(国産)、鳩麦、黒大豆、桑葉、赤芽柏

※本品は黒大豆を含みますので、アレルギーをお持ちの方は飲用をお控えください。

とくとく便を活用してお得に購入 とくとく便を活用してお得に購入
アイコン

なたまめ茶

2個以上で送料無料
通常価格より10%OFF
年間で4,320円お得!

とくとく価格 3,240 円 (税別)

今回のみのお届け

通常価格   3,600 円 (税別)

ポスト投函対象商品

軽減税率対象商品

こんな方にオススメです

チェック

季節のお悩みに

チェック

おいしい健康茶が飲みたい

チェック

国産のものを選びたい

こだわりその1

丁寧に育てられた薩摩なたまめを使用

明日葉の2大成分「カルコン」・「カリウム」

サヤの大きさは最大のもので全長70センチにもなり、国内最大級の豆とも言われる「なたまめ」。江戸時代に日本に伝わったとされ、西日本を中心に温暖な一部の地域で栽培されていました。
そんな中、農薬や化学肥料に頼らず手間ひまを惜しまず育てた国産の「なたまめ」のみを厳選して配合したのが、マイケアの『なたまめ茶』です。

明日葉の2大成分「カルコン」・「カリウム」
こだわりその2

季節の憂うつなお悩みに

青汁の代表的な原料の「ケール」と比較

「これくらい…」と軽く見ていると、長く、そして憂うつな悩みに繋がってしまうグズグズ・イガイガ、季節のお悩み。
そんなささいな悩みに古来より用いられてきたのが、刀のような形をしていることから名付けられたという「刀豆(なたまめ)」です。
その姿かたちに劣らない不思議な力を持つ「なたまめ」。毎日のあの憂うつをスッキリぬぐい去りたい、そんな方におすすめです。

青汁の代表的な原料の「ケール」と比較
こだわりその3

純国産原料のおいしい健康茶

八丈島の肥沃な土壌で3年かけて育てられる明日葉の“根っこ”

皆様の健康づくりのために、安心してお使いいただけるものをお届けしたい。それが私たちの願いです。本品の原料には、農薬や化学肥料に頼らず大切に育てられた国産のなたまめをはじめ、すべて国産のものを使用しています。
これらの国産原料をじっくりと焙煎し、どなたにも召しあがっていただける健康茶に仕上げました。まじり気のない純国産。何よりの安心の証です。

八丈島の肥沃な土壌で3年かけて育てられる明日葉の“根っこ”

なたまめ茶の作り方

①やかん等に『なたまめ茶』と水を入れて、火にかけます。水1ℓに対して、ティーバッグ2包を目安としてください。
②沸騰したら弱火にして、5分ほど煮出します。
③5分経ったら火を止めて完成です。温かいままでも、氷で冷やしてもおいしくお飲みいただけます。

※あくまで一例です。ティーバッグの数や煮出す時間はお好みに合わせて調節してください。
※よりよく抽出できますので、できるだけ煮出してお作りください。

ご購入の際は

とくとく定期便をご活用ください

通常価格より、おトクに購入できます

満足度90%以上 満足度90%以上

とくとく定期便は何回目からでも休止・中止・変更ができる定期お届けサービスです。

「毎月・2ヵ月・3ヵ月」コースからお選びいただけます。

ご購入はこちら とくとく便についてはこちら

なたまめ茶

内容量 3g×30包
原材料名 刀豆(種子、サヤ、ツル葉)(国産)、鳩麦、黒大豆、桑葉、赤芽柏
栄養成分表示 (製品90gあたり) エネルギー/395kcal 【1包あたり 約13.1kcal / お茶にした場合 100mlあたり1kcal】
食塩相当量/0.01g未満、水分/2.6g、たんぱく質/24.4g、脂質/5.9g、灰分/6.0g、炭水化物/61.1g、食物繊維/42.48g、ナトリウム/2mg ※お茶にした場合1mg未満(100mlあたり)
原材料に含まれるアレルギー物質(27品目中) 黒大豆

※本品は黒大豆を含みますので、アレルギーをお持ちの方は飲用をお控えください。
※アレルギー表示対象品目以外で食物アレルギーのご心配がある方は、原材料のご確認をお願いいたします。

アイコン

よくあるご質問

よくあるご質問
Q

なたまめってどんな豆ですか?


A

つる状のマメ科植物で、刀のような姿をしていることからなたまめ(刀豆)と名付けられました。江戸時代の初めに日本へ伝えられ、西日本を中心に全国で栽培されてきました。

Q

なたまめは食べられますか?


A

完熟したなたまめはアクが強いので食用には不向きですが、若サヤは漬物などにして食されています。また、福神漬けの材料としても用いられています。

Q

なたまめ茶とはどんなお茶ですか?


A

完熟したなたまめを焙煎してお茶にしたのがなたまめ茶です。『なたまめ茶』は、なたまめをはじめ、いずれも純国産の原料をブレンドしており、飲みやすい味と香りに仕上げた健康茶です。

Q

なたまめの他には何が入っていますか?


A

鳩麦、黒豆、赤芽柏、桑の葉をブレンドしております。全て国産のものです。

Q

なたまめ茶はどの程度飲めばいいのでしょうか?


A

食品ですので、飲む時間や量に特に決まりはありません。

Q

なたまめ茶はどんな人でも飲めますか?


A

カフェイン等も含まれておりませんので、どんな方でも安心してお飲みいただけます。